新設小学校建築補正予算は可決しましたが…

By in ブログ on 2014-08-02

20140729臨時議会インターネット中継

7月29日に開かれた議案第14号(関台小学校新築工事補正予算)に関する臨時議会にて、大橋ひろしは国家資格を持つ自らのメリットを還元すべく、反対討論をいたしました。

昨年4月国土交通省が労務単価を大幅にアップしたのにもかかわらず、作業員不足の傾向はますます加速しています。また、ゼネコンは積算をする作業に、時間と経費がかかるため、最近では入札にさえも応じません。
近隣のRC(鉄筋コンクリート造)現場でも、予定工期より4ヶ月から6ヶ月の遅れは当たり前です。この状況を鑑みますと 関台小学校新築工事の工期は、当初予定の15ヶ月から18ヶ月に延ばしただけでは足りず、19ヶ月〜21ヶ月が妥当と考えます。

また、学校建設については賛成ですが、校舎部分だけでなく校庭も含む敷地全ての地中障害(コンクリート殻、不法投棄の塵他)の確認および処理をした上でなければ到底賛成することはできません。子を持つ親としては大変心配であります。
いずれにしましても、28年4月開校は間に合わないことから、まずは予定敷地全て調査をし、ここは1年遅らせて平成29年4月に開校するべきと考えます。

 

…議会の決議で、最終的にこの議案は賛成多数により可決されました。
大橋ひろしはこの結果にも負けず、今後も「何度でもやってみる」を貫きます!

当日の議会の様子は松戸市議会の議会中継でご覧頂けます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です