松戸市議会の不思議(会派離脱編)〜何か悪いことをしましたか?

By in コミック, ブログ on 2013-05-20

2 thoughts on “松戸市議会の不思議(会派離脱編)〜何か悪いことをしましたか?

  1. 1

    問題の根本は現市長に問題があるのかと思われる。
    患者がより良いサービスを求めるのなら、しがらみの市立より民間の方がいいに決まっている。
    それに気づかない市民にも問題です。
    柏や鎌ケ谷市を参考にすれば、一目瞭然であり人口に対するベットも多いかもしれない。
    それと千駄堀に武蔵野線の駅を作ろうとしてます。これは新設したい市立病院と関係あるのでしょう。
    よく自治体の首長や議員が住み良い、まちづくりと言いますが、これは年金生活者に語るだけで働く世代には一切関係ないのです。働く世代に千駄堀に病院なんて不便でしょ?民間ではこんな山奥に病院なんか建設するはずがありません。
    乗り換えが可能そして、これから確実に人口が増える東松戸の方が全ての人にメリットがあるのです。
    一度市長に住民市民の定義とは何か語らせてみたらどうだろうか?
    これが答えられないようでは議員失格です。

    • Oh Hiroshi
      2

      sa37574様
      ご意見ありがとうございます。
      今後も市立病院については、350~450床で公設民営化を訴えていきます。

      現在は、さらに床面積を増設する計画のあるようで、公務員の医者は市民をバカにしているのでは?
      そしてさらに、建築費を上乗せ案を9月議会に上程するようです。
      全くしがらみだらけの市政には呆れます!

      市長は現在44人の議員の内、大橋、桜井2名の議員とは、目も合わせない、口も聞きたくない…とのことで、
      先日二人で市長室へ出向いた時も門前払い。
      幼稚な子供のようで、財政も心配なのですが、議会も追加予算大賛成!

      少し時間がかかるかもしれませんが、たった一人になってもブレずにがんばりますので、又ご意見
      いただけらば励みになります。
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です