景気回復対策2:入札制度の見直し

By in ブログ on 2013-04-27

policy01松戸市が市外に税金を納める業者に市税を使って仕事を発注していることは、市民に対する裏切り行為です。

松戸市関連の全ての事業・仕事から市外の業者を徹底排除します。

建設・衣料品・食品・印刷等々、あらゆる業種において市内の業者限定の開かれた入札制度に改善します。

廉価最優先主義の現行の入札方法は、市外の業者に荒らされるのみならず、たとえ市内の業者が選定されても、不当な低価格でしか受注できないために、下請けや、そのまた下請け業者を苦しめるという経済の悪循環を生んでしまっています。

単なる廉価最優先主義は即刻やめて、自由競争の中で適正価格(適正利益)を保証できるよう、最低価格を設けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です