私たちが考える「松戸市長」とは~その1「是々非々主義!」

By in ブログ on 2014-05-01

title201404-01

正しいこと(是)は正しい、正しくないこと(非)は正しくないとすることは、市長の姿勢として当然と思われるかもしれませんが、特定の政党の支援・推薦・公認を受けて選挙を戦う人が当選すると、人的なしがらみによって操り人形になってしまい、是々非々主義を貫くことは絶対にできません。そのためにも、立候補者は人的なしがらみのない完全無所属であるべきです。

One thought on “私たちが考える「松戸市長」とは~その1「是々非々主義!」

  1. たそがれ かつ
    1

    脱、しがらみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください