定例会最終日、今年度二度目となる病院事業会計の補正予算案に対して、反対討論を行いました。

平成26年度、すでに18億3千9百35万7千円もの繰入金が発生しているにも関わらず、この12月になって、突然9億円もの赤字補てん金を補正するという今回の議案。 先般の市立病院建設検討特別委員会にて、病院管理局長は「病床利用率について当初見込んだ81.9%に届かず、9億円の赤字繰り入れを補正予算するしかなくなった」と説明。 その理由は…

15日の一般質問の様子(録画)が松戸市議会の議会中継で公開中です。 特に市民の皆さまに注目いただきたい、関台小学校建設および市立病院建設についてお知らせします。

1)関台小学校について

今月20日に開催された臨時議会の議題は「議案第30号 松戸市病院事業会計補正予算(第1回)について」。
青天井での3社プロポーザルで、全国でも異例の約195億円!
さらに、鉄筋コンクリート造ではなく、既成の柱にコンクリートの壁を取り付ける簡易な”PC工法”です。
通常、公共の建物では考えられません!
さらに清水建設は基礎に杭を打たずに、住宅と同じベタ基礎 …! 大橋ひろしはただ一人この件に反対討論をしました。
姑息な地盤改良ではなく、震災時に安心できる杭を打たせる指導をしていただきたい!
しかし、議員3名以外38名は賛成…。
市民の皆様、このような無駄使いを阻止できず申し訳ありませんでした。
20140915_01

松戸市立新病院建設事業における入札プレゼンテーションが9月15日に実施されました。

9月15日、松戸市立新病院の提案型入札にて3社のヒアリングがありましたが、当初、松戸市は業者名及び金額公表せず。後日、業者名が明かされましたが、金額は未だ公表されておりません。 公金、つまり市民の皆さまの税金が使われる事業である以上、入札金額もすべて公表すべきと考えます!

2014年9月松戸市議会一般質問中の大橋議員 松戸市内小学校建設予定地で見つかった不法投棄された産業廃棄9月9日の議会 一般質問にて、関台小学校建設予定地の校庭の一部で不法投棄の産業廃棄物(アスファルト殼やガラス片等)が深さ2mと4mの箇所で見つかったのにも関わらず、それを公表せず埋め戻された事態の経緯や調査内容について質問いたしました。

答弁では、試掘によって見つかったコンクリート殻は少量で、土に有害物質は含まれていなかったので問題は無いとしていますが、地質分析が行われたのはコンクリート殻の見つかった8月21日よりも前であったことが発覚しています。

9月9日 午前11:30よりこの問題について一般質問いたします。 ぜひ傍聴または中継にてご覧ください! 大橋ひろし通信号外(2014年9月) 平成26年7月29日午前10時、松戸市議会臨時会が開会されました。 この日審議された議案は、松飛台駅前に新設予定の「関台小学校(仮称)」建設に係る建築費等に不足が生じるため約7億7千万円の増額補正予算を決定しようとするものでした。 この議案説明の中で、新小学校(関台小学校)の建設予定地に不法な産業廃棄物が埋められていることが判明しました。

20140729臨時議会インターネット中継

7月29日に開かれた議案第14号(関台小学校新築工事補正予算)に関する臨時議会にて、大橋ひろしは国家資格を持つ自らのメリットを還元すべく、反対討論をいたしました。

川井敏久氏ポスターいよいよ市長選挙もあと2日。今回の争点は市立病院です! 千駄堀予定地は建設不適であり、このまま進めると400億円以上もかかり、松戸市の財政は破綻してしまいます

市立病院は3カ所もいらない。さらに600床の病院もいらない。 川井敏久候補は、3年以内にコンパクトな450床の病院を東松戸駅前に必ず建てます。 現在の北松戸の病院と高塚新田の東松戸病院は、整備してから民営化に! 4年前選挙に敗れ、もう東松戸駅前には病院は出来ないとか、土地はもう無いと思っている市民が多くいます。 市長をはじめ、多くの市議会議員が売却しようとしましたが、まだ売れずに残っています。 川井敏久候補は「今度こそ、新病院は東松戸駅前に!」を公約に掲げております。 是非期待してください。

松戸市長選挙で川井敏久氏を応援しています本日いよいよ市長選挙が始まりました。7日間お騒がせいたします。我々庶民派の川井陣営は、こまめに地域を回っております。人寄せパンダはいらない❗️

Top